Make your own free website on Tripod.com

Redline Demo(制作途中)
コーラ写真1   写真2

 グラフィックの質としては、今の標準的レベルで、速度的にもまず問題ない。操作系も普通の1stPSとなんら変わりないのですぐに遊べるはずです。
 ゲーム内容で一番特徴的なのは街中に止めてある車を乗り回すことが出来る事で、一言で言うなればQuakeとカーマゲドンを足して2で割った感じです。何故か敵を倒して5秒ほど放っておくと、破裂して血が飛び散るのが謎です。
 キャラクターの動き的には、HalfーLifeのようにリアルでは無く、標準以下なのですが、そのせいかマルチプレイ時の快適さは最近のゲームのなかではかなり良く56モデムと混み合ったプロバでも快適に遊ぶことが出来ました。

 しばらくシングルで遊んでみましたが、ゲームバランスはかなり高いです。車は確かに火力があり人をひき殺すことも出来るのですが、小回りが利かないのは勿論、接近戦に弱いです。写真2のように歩兵が車の後ろを取ってしまえば後は追いかけ回して「回転カッター」で切り裂けば終わりです。
 回転カッターというのはいわゆる初期装備段数制限なし接近戦専用です。大抵の場合こういう武器の攻撃力はたかが知れていて使い勝手も悪いのですが、Redlineではかなり使える武器になっています。マルチプレイ時の建物内主力は回転カッターでいけます。

 ちなみにデモ版の使用制限はチームが2種類、キャラクターが4種類からのみの選択で、マルチプレイ時は8人までの人数制限となっている。
 マルチ専用版(19MB)とシングル+マルチ版(48MB)のデモがある。ダウンロードはこちらからどうぞ。