Make your own free website on Tripod.com

スペースサザエさん 第十一話「磯野家の日常」


〜磯野家とその周辺〜


 

サザエがカツオを連れて帰りその後、カツオはナミヘイにみっちりとしごかれ、なんとか一段落した磯野家の人々・・・しかし日常といってもハタから見れば異常そのものであった。

 

サザエ「待ちなさ−い!カツオー!」

 

カツオ「わー姉さんちょっと待ってよ!僕じゃないって言ってるじゃないか!」

 

サザエ「問答無用よ!・・・・・サザエチェーンジ!!」

 

サザエは対カツオ用お仕置きシステムを起動させた。

 

サザエシステム「目標は3時の方向に逃走中・・・・・捕獲ミサイルを発射します。」

 

サザエ「イッケェェェ!!」

 

サザエは捕獲ミサイルを発射した。

 

サザエシステム「ミサイル着弾まで後・・・・4.2・・・3.3・・・・・2.1、捕獲システムA−437に移行します・・・・移行完了・・・・着弾まで後・・・・0.5・・・・・着弾・・・・・確認中・・・・・着弾を確認・・・・」

 

サザエ「よし、捕まえに行くわよ!」

 

サザエはシステムの言う方向に飛び立った。

 

サザエ「確かこの辺じゃ・・・・」

 

サザエシステム「エラーF1007が発生・・・・・緊急対処モードW002に移行します・・・プツッ」

 

サザエ「ヤッパ機械は駄目ね・・・・」

 

サザエはシステムの電源を切った。

 

サザエ「カツオの行動パターンだと・・・・・・公園ね・・・」

 

サザエは公園に向かった。

 


〜公園〜


 

サザエの予測どうり公園にはカツオがいた。

 

カツオ「チョロイもんだぜ!・・・・・・いや待てよ・・・・・・・姉さんの事だから・・・・」

 

カツオは万が一に備えてシールドを展開した。

 

カツオのかんは当たり、カツオのセンサーに高エネルギー反応上空から接近してくるのがわかった。

 

サザエ「そこねカツオ!・・・・おちなさい!」

 

サザエはメテオを唱えた。

 

巨大な隕石達がカツオとその周辺の市民を襲う!

 

カツオ「きかないよ!そんなもの!」

 

カツオの近くに落ちてくる隕石はカツオのシールドに弾き飛ばされた。

 

しかし市民達は突然の攻撃を防御する事もできず・・・

 

公園に市民達の血の雨が降り注ぐ・・・

 

しかしそんな事、磯野家の人々の知った事ではない。

 

カツオ「今度はこっちの番だ!」

 

カツオはツインビームカノンとミサイルを同時に発射した。

 

カツオ「いっけぇぇぇ!!」

 

ミサイルの方が先にサザエを襲う。

 

サザエ「こんなもの!」

 

サザエはサザエサーベルでミサイルを切り払った。

 

しかし間をおかずに二本のビームがサザエを襲う。

 

サザエ「何!!!」

 

サザエは切り払いで発生した隙を補う事が出来ず、カツオのはなったビームに直撃した。

カツオ「もう一丁!」

 

カツオはヘルメットのハッチを開き、ドリルヘッドを急回転させた。

 

サザエの体制が整わないうちにカツオは突進した。

 

サザエ”しめた!物理攻撃!”

 

サザエ「まだまだね!」

 

サザエはミサイルのときと同じようにカツオを切り払った。

 

カツオ「うぁぁぁぁ!ひどいや姉さん!」

 

切り払いレベル867というサザエにはあらゆる物理攻撃は通用しないのであった。

 

カツオの頭部のドリル部分はサザエサーベルによって切り捨てられ、カツオは致命的なダメージを受けた。

 

頭部を損傷したカツオは既に持ち前の機動力を失っていた。

 

カツオ「クソっ・・・・・う・・・・後ろに向かって前進だ!」

 

サザエ「そうはさせないわよ!」

 

サザエはよろよろになりながらも逃げるカツオの手をつかんだ。

 

カツオ「はなしてよ!・・・はなさないんだったら・・・・・」

 

「バシュゥゥゥゥゥゥ」

 

サザエの周りを白い煙幕が包み込む。

 

サザエ「カ・・・カツオー・・・・ちょ・・・ちょっと・・・・ゴホッ・・・ゴホッ」

 

咳き込みながらもサザエはカツオの手を放さなかった。

 

サザエ「無駄なあがきはやめなさい!・・・・・?」

 

サザエの目の前にはいるはずのカツオがいなかった。

 

サザエ「カ・・・・カツオは?」

 

サザエの手には・・・・・・カツオの腕しか残されていなかった。

 

サザエ「カツオ!どこいったのー!」

 

と、まあこんな具合に磯野家の一日は過ぎて行くのでした。

 


第11話「完」


SSいんでっくすへ