Make your own free website on Tripod.com

スペースサザエさん 第二十話「力」


〜宇宙連合艦隊第523支部主力戦艦トロイホース艦内〜


 

兵士B「艦長代理!!第四ガンキャノン隊の反応が!!」

 

兵士A「な・・・・・・く・・・・くそっ!救援に向かった第二ジム3隊は!どうしたんだ!」

 

兵士C「第二ジム3隊・・・応答せよ!・・・第二ジム3隊!」

 

通信モニター内のジム隊隊長「聞こえてますって。」

 

兵士A「何をしている!早く・・・早く奴を倒しにいかんか!!」

 

ジム隊隊長「・・・・・・・・悪いけど・・・辞めさせてもらうぜ!」

 

兵士A「な・・・貴様何を!!」

 

ジム隊隊長「勝てるはずねえんだよ!とにかく・・・隊員達も死にたくねえってよ!じゃあな!」

 

兵士A「き・・・貴様!!!!」

 

と、又も一方的に回線が切られた。

 

兵士A「・・・・・・・・・・・」

 

兵士Aはあまりの怒りに言葉を失った。

 

兵士B「艦長代理・・・それどころじゃ・・・・」

 

兵士A「今度は何だ!!」

 

兵士B「高エネルギー体がこちらに接近しています。」

 

兵士A「救援はまだなのか!!」

 

兵士B「・・・・・・・・・・・・・・・・・反応ありました!!!」

 

兵士A「よし!やったぞ!」

 


〜P−2052地区前線〜


 

さっきタラオが発射したビームでは第四ガンキャノン隊が吹っ飛んだくらいで、赤い怪物(以下ワカメ)には傷一つつかなかった。そして今、タラオとワカメが交戦中である。

 

タラオ「ふん・・・こんな醜くなってです。家族として非常に恥ずかしいです。・・・よって・・死刑です。」

 

タラオは桁違いの大きさとなったワカメに跳びかかった。

 

タラオの正拳突きがワカメの額に直撃する。

 

ワカメ「グォォォォォォォ」

 

ワカメの額から鮮血が吹き出し宇宙空間に舞う。

 

タラオ「もういっちょです。」

 

タラオは間を置かず頭に集中して攻撃を仕掛けた。

 

タラオ「かかと落としぃぃぃぃぃ!!!!です。」

 

ひるんだワカメにまたもタラオの攻撃が直撃する。

 

ワカメ「グォォォォ!!!!!」

 

しかしここで黙ってやられるワカメではない。

 

ワカメ「ウォォォォォ」

 

ワカメの怒涛(?)の反撃が始まる。

 

ワカメ「ウガッ!!!」

 

ワカメはちょこまかと飛び回るタラオを掴んだ。

 

タラオ「なんだ!です。このブス!です。放せです。」

 

ワカメ「ウガガ、ウガッガ、ゴゴガガ」(←日本語訳 誰が放すか!この馬鹿!)

 

ワカメはタラオをほうばった。

 

ワカメ「モグモグモグ・・・・・ゴックン・・・・フゥ〜。」

 

ワカメはタラオをおいしそうに食べた。

 

どうやらお腹いっぱいといったところだ。

 

ワカメ「ホゲガ・・・・・・・・ペッ!」(←日本語訳 骨が・・・・・ペッ!)

 

ワカメはタラオの骨を吐き捨てた。

 


〜トロイホース周辺〜


 

カツオ「・・・・・・・タラちゃんが死んだか・・・・一ターンももたなかったな・・・・役立たずめ!」

 

カツオ「・・・・・・・・とりあえずワカメの処理が先だな・・・」

 

カツオは大声で叫んだ。(筆者は何故宇宙なのに声が聞こえるのか?などという低俗な質問を嫌う)

 

カツオ「どうやら、おまえ達とのお遊びは後になりそうだ!まぁお茶でも飲んでゆっくりしてろ!」

 


〜宇宙連合艦隊第523支部主力戦艦トロイホース艦内〜


 

兵士A「なんて言った?」

 

兵士C「お茶でも飲んでろ、と・・・」

 

兵士A「それなら・・・・・・・・・・・お茶でも飲むか・・・・」

 

兵士B「・・・・・了解・・・購買部に通達・・・・・至急お茶の準備を!」

 

沈黙のひとときがo訪れる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

兵士A「っとこんな事してる場合じゃない!!」

 

兵士B「・・・あ!そうだった・・・救援の方は!

 

兵士C「どうやら、筆者が眠くなってきたそうです。」

 

兵士A「それなら仕方あるまい・・・・」

 


第二十話「完」


SSいんでっくすへ