Make your own free website on Tripod.com

スペースサザエさん 第五話「暴走」


〜駅の近く〜


マスオ「こっ!これは!?」

 

そこにはもうマスオの町はなかった・・・・・・あるのは廃虚と瓦礫(ガレキ)の山だけだった。

 

マスオ「お、お父さんこれは一体?」

 

ナミヘイ「うむ・・・・・・この匂いからして・・・カツオだな・・・あやつめ、居酒屋まで壊し追って・・・」

 

マスオ”居酒屋だって?こいつ人の命よりも酒の方が大事なのか?それよりもなんで匂いで分かるんだ?こいつも化け物か?何でカツオ君が・・・そうか!カツオ君もこの呪われた血を・・・くそっ例の計画は先送りになりそうだな・・・”

 

ナミヘイ「マスオ君、君は先に家に帰りたまえ・・・わしはカツオを追う、これ以上カツオに居酒屋を壊されては困る。」

 

マスオ「は?はい分かりました。ではきおつけて・・・(けっ!死んじまえ)」

 

ナミヘイ「ん?何か言ったかね?」

 

マスオ「いえ!なにも。」

 

ナミヘイ「それならいいがな・・・では・・・」

 

ナミヘイはノーマルサラリーマンスーツからハゲオ・ヤジ・アーマーに変形(ビーストチェンジ)した。その瞬間マスオのスカウターが音を立てて壊れた。

 

マスオ「!?」

 

ナミヘイはそんな事気にもとめずにマッハ37.2の速さで飛び立っていった。

 

マスオ「やはり例の計画は先送りだな・・・」

 


〜A−47地区〜


 

カツオ「ヒャーーーーーハッハッハッハ!!

 

カツオは全身から衝撃波を放ちあたりの生命を消滅させた!

 

カツオ「向かう所敵無しだぜ!!・・・・・・ん?センサーに反応が・・・そこか!」

 

カツオはツインビームカノンをガレキの山に向けて撃った。

 

「キュゥゥン」

 

光の壁がビームをさえぎった。

 

カツオ「!?」

 

その次の瞬間何かがカツオを襲った。

 

カツオのATフィールドは軽々と貫かれ、カツオの頬に一本の傷ができた。

 

カツオ「くっ!誰だ!」

 

光の壁が徐々に消えて行く・・・そしてそこに立っていたのは・・・

 

ナゾ「ニャゥゥゥ」

 

タマであった・・・

 

カツオ「何でお前が・・・そうか!お前も殺されたいか!」

 

カツオはATフィールドを広げた。

 

タマ「ニャゥゥゥ!!」

 

タマはT(タマ)フィールドを広げた。

 

そして二人がぶつかろうとしたその時!!


第伍話「完」


SSいんでっくすへ