Make your own free website on Tripod.com

スペースサザエさん 第六話「同盟」


〜A-47地区〜


 

何かが二人(一人と一匹)を弾き飛ばした。

 

カツオ;タマ「?!」

 

タマ「あ、あなた様は・・・・・・」

 

カツオ「お・・・おまえは!」

 

謎「そう!私は君の姉さんを倒した・・・・・・」

 

カツオ「ドラネコ!!」

 

タマ「ドラネコ様、こやつなんぞ私一人(一匹)で十分でございます。」

 

ドラネコ「黙れ!お前は下がってろ!」

 

タマ「・・・・・・はっ・・・かしこまりました。」

 

タマは不満そうにそう言うと、おもむろにメガブースターを二個取り付け「加速!」と叫んでいずことなく飛び立っていった。

 

ドラネコ「さて・・・やっと二人で話せるな・・・」

 

カツオ「一体何のようだ!」

 

ドラネコ「おっと、そうカッカするな、無論、私は君と戦うつもりはない・・・が、君がそれを望むなら・・・」

 

カツオ「俺は回りくどいのが嫌いなんだ!さっさと用件を言え!」

 

ドラネコ「うむ・・・・・・君も気づいての通りだが今高エネルギー体が接近している・・・早急に事を述べよう。」

 

カツオ「!」

 

カツオ”センサーは奴の方が上か・・・”

 

ドラネコ「君と同盟を結びたい。」

 

カツオ「お前とか?ふざけるな!俺を誰だと思っている?あの磯野家の血をひく磯野カツオだぞ!」

 

ドラネコ「そんなことは分かっています。僕とではありません・・・」

 

カツオ「じゃあ誰と結ぶんだ?」

 

ドラネコ「誰?その言い方は正しくありませんね・・・闇の組織「河北郡なんでもカボス会(以下KNK)」とだ!」

 

カツオ「何!!!」

 

カツオは耳を疑った。カツオが知るKNKは宇宙連合艦隊と互角にやりあったというテロ組織であった。

 

カツオ「あ・・・あのテロ組織か?」

 

ドラネコ「そうだ、連合艦隊と互角だった・・・(くそっ!後、少し時間があれば・・・)」

 

カツオ「・・・あんなデカイ組織・・・俺と同盟を結んでどうするつもりだ!」

 

ドラネコ「詳しい事は着いてから話そう・・・ついてこい!」

 

カツオ「分かった・・・」

 

二人(一人と一匹)はタマが飛び立っていった方向にマッハ232.543で飛び立っていった。

 


〜その6.2秒後〜


 

同じ場所にナミヘイが到着した。

 

ナミヘイ「ちっ、遅かったか・・・しかたない・・・・・・撤退する」

 

ナミヘイはまだ壊されていない地区の方に飛び立っていった。(←どうやら一杯するつもりらしい。)

 


第六話「完」


SSいんでっくすへ