Make your own free website on Tripod.com

スペースサザエさん 第八話「KNK」


〜KNK旋艦船橋内〜


サザエがのんきにジンロクと話し、ナミヘイが一杯やっている時、カツオはKNKの旋艦の船橋にいた。

 

船橋内の一室には会長らしき人物とその隣に3名ほどの部下がいた。

 

ヴァイオリンエース(以下VA)「君があの磯野家の血をひくカツオ君だね。」

 

カツオ「ああ、そうだ。」

 

VA「君の事は部下から詳しく聞いている。」

 

カツオ「部下?タマの事か?」

 

VA「君の家ではそう呼ばれているらしいね。ここではミルク少佐と呼ばれている。」

 

カツオ「ふん!そんな事どうでもいい!」

 

ドズル=ザビ「貴!貴様!会長に向かって失礼だぞ!」

 

VAの隣に立っていた直属の部下らしき人物が憤怒した。

 

VA「まあ、そうおこるな。取り合えずここにいる部下を紹介しよう。・・・いまのがドズル=ザビ君だ。斬り込み隊長をやっている。」

 

不満そうにドズルは会釈した。

 

VA「私の隣にいるのが副会長の超AI君だ。」

 

超AI(以下寵愛)「みなからは寵愛と呼ばれている。君も寵愛と呼んでくれたまえ。」

VA「そして君の隣にいるクールな男が斬り込み隊補佐官WIND君だ。」

 

WIND「ヨロシク。」

 

VA「それでは本題に移ろう。だいたいの内容はミルク君から聞いてきたね。」

 

カツオ「クルミ?・・・ああ・・・あのドラネコか・・・聞いてきたぜ。何でも同盟を結びたいって?」

 

VA「同盟?・・・・どうやらまたクルミが嘘を言ったみたいだね。」

 

カツオ「うそ?どういう事だ?」

 

VA「うむ、まぁ同盟みたいなものかもしれんがな・・・」

 

カツオ「みたいな?はっきりいったらどうなんだ!」

 

VA「ではそうするか・・・実は君にKNKに入会してもらいたくてここに来てもらった。」

 

カツオ「入会?ふざけるな!誰がこんな組織に!」

 

VA「無論、できる限りの境遇で君を迎えるつもりだが・・・」

 

カツオ「地位ぐらいでおれが動くと思うのか!」

 

VA「・・・・・・・・・」

 

カツオ「帰らせてもらう」

 

カツオが帰ろうとしたその時VAがカツオを引き止めた。

 

VA「まちたまえ・・・できる事ならこんな事はしたくなかったのだが・・・やむおえまい・・・」

 

VAは軽く指を鳴らした。

 

すると、天井が開き巨大なモニターが降りてきた。

 

そしてその画面の中は電子手錠をはめられた一人の少年がいた。

 

カツオは驚愕した!

 

カツオ「な・・・中島!」

 

その少年はカツオの親友「中島」であった。

 

カツオ「中島!中島!聞こえるか!」

 

中島「い・・・磯野か?・・・・よかった・・・助けに来てくれたのか!」

 

カツオ「分かった・・・今助けに行くぞ!」

 

VA「まちたまえ!ただで彼をわたすわけには行かない。」

 

カツオ「何!!」

 

VA「君がKNKに入会するなら彼のみの安全は保障しよう。」

 

カツオ「ひ!卑怯だぞ!」

 

VA「私は戦いが嫌いだ。だからこうして平和的解決を・・・・・・君はただここにはんこを押すだけで・・・」

 

カツオ「ふざけるな・・・・・・・」

 

ドズル=ザビ「ん?なんだって?・・・もういっぺん言ってみな!」

 

その一言によりカツオの怒りが爆発した!


第八話「完」


SSいんでっくすへ